ここから本文です

【連載】青SHUNコラム第123回『声帯ポリープ手術前のライブと手術後のライブを比べてみる!』

BARKS 9/25(日) 12:24配信

今回は私事で恐縮なのですが、個人的にも大変興味深い事案が身に起こったので、この機会に「ある事」を比較し、検証してみたいと思います。

◆【連載】青SHUN学園 SHUNの「青SHUNコラム」

14歳の頃から音楽をはじめ、今年で20年間歌ってきたことになります34歳です。
フジテレビ「バイキング」のテーマ楽曲『バイキング・フェリー』の作詞/作曲/歌を、番組が始まった当初から2年間担当させて頂いたり、ユニットへの楽曲提供やAKB48の映画「9つの窓」の全劇中音楽を担当させて頂いたり、福岡発ロック系アイドルユニット「青SHUN学園」のプロデュースをさせて頂いたり…!

振り返れば、「あんな大きい所でもライブできたな~!」とか。
「もっとたくさんの人に見て、知って、好きになってもらうべく頑張ろ~!」とか。
「海外遠征で行った台湾のロックフェスや以前出演したサマソニにもまた出たいし!」とか。

向上心だけは一人前の僕は、声がかすれたり、枯れたり、痛くて血が出ても、ここ数年毎週のようにライブが続く事から、声をかばう様に騙し騙しステージに立ってきました。

アコースティックのような綺麗な声質をメインにライブする事もあれば、大声を張り叫ぶように歌い、煽るライブもしばしば。いや、ほぼそっちが多かったですね。

そんな中、地声で無理せず裏声に切り替えたい音階の部分が、無理したら地声でも出る部分が、裏声ではかすれて全くでないようになってしまいました。
前々から自覚症状はあったのですが…何とかやってこれちゃったのが良くなかったですね(>_<)

そこで、大事も取りたいので病院に行き、症状を説明して炎症を抑えるために抗生物質を貰って飲んだり、勧められた吸入器を購入し暇があればやって、みたいなのを繰り返してました。

しかし…不幸なことに、僕の欠点でもあるのですが、気が短い!(笑)
効果がすぐに表れて実感できないと、危機感が薄れてしまいどうしてもサボりがちになってしまいます。。。

なんかこう、キュッとやって!パッと治る!みたいな、特効薬をすぐ求めちゃうんですよね。
しかし、世の中そんな甘くない!

確実に出せる声域の可動域が減り、かすれて濁って、高音の地声が歪んだようになってしまい、ここまでか…と。
最後の一手に出るしかないのか、と。痛いのは嫌なんだけどな、と(泣)

そこで決心し、「もう切ろう!」と病院へ!
再度検査をして貰い、声帯の中をカメラに移し主治医と覗いていく、すると…

主治医「ん~、これは切っちゃった方がいいですね!!!」と即答。
その理由に、症状を聞いて納得。

「左の声帯に、2つの山が連なるようにポリープが出来ており、反対側にも結節(?)があるので、両サイド切る事になります、どうしますか??」と。

僕「お、お願いします…(>_<)」

これは余談ですが、左側のポリープだけ切って反対側を残すと、ちょっとしゃがれた声も残って味が出たりするので、敢えてこういった場合、反対側の結節の方は残す方もいるそうです。
※僕の場合は一度リセットしたかったので、両方ともお願いしました。

善は急げ!という事で、2週間後の9/29に手術を敢行することになりました。
僕の場合は前日入院し、翌日手術を勧められ、お願いしました。
ただ、入院の場合はお金がかかりますね…かかる医療費の半分は入院費です…

日帰りで手術してくれる病院もあるようなのでご参考にして頂くと共に、僕のように「ちょっと良い機会なのでゆっくりする時間を持ってみようか。」と思う方には精神衛生上よいのかもしれません(笑)

手術をする流れで主治医と話していく中で、色々と不安な点・疑問点などを聞いてきます。
下記が主に僕が質問したQ&Aです!

Q.い、痛くないですか??
A.全員麻酔なので、起きたら終わってますよ!

Q.術後はどれくらい喋れず、どのくらいで歌えるようになりますか??
A.術後3日間は絶対に喋っちゃNG!4日目から受け答えくらいはOK、基本的には自分から喋らず長く話さない。少なくとも3週間はそんな状態で、3週間過ぎたあたりから無理をしない程度に歌っていってOKですよ!

Q.術後3日以内の絶対喋っちゃいけない時に、痰が絡んだりクシャミしたくなったり、ついつい声を出してしまったらお終い(オシマイ)なのでしょうか??
A.…仕方ない時もありますよね(苦笑)でもしっかり気を付ける事は忘れないで。痰なんかも、気持ち悪いかもだけど飲み込むとか。咳払いは負担がかかってしまうんです!

Q.その他気を付ける事はありますか??
A.術後、実はすぐ声が出ます。しかし、「おっ!」と思って調子に乗って「行けんじゃん、俺!」的になってしまうと、声帯は痛覚がない分タチが悪くて、声が戻らなくなり、安定もしないし、絶対ダメですね!そうなってしまってもう一度手術で直そうとすると、カサブタの様に盛り上がってしまっているので、声帯ポリープのようにシンプルな手術じゃなくなって大ゴトになります、気を付けてくださいね!

…という事で、話が長くなりましたが(笑)
僕の手術前までのライブは下記のようになっています!

【SHUN☆Live Schedule】
9/21 in福岡「親富孝アコースティックLive」
9/22 in 福岡「天神ビブレホール主催Live」
9/23 in 東京「赤坂アコースティックLive」
9/24 in 東京「幕張メッセ@JAM Live~1日目~」
9/25 in 東京「幕張メッセ@JAM Live~2日目~」

そして手術の日程は…ジャガジャン!!!
→9/28に入院、29に手術

3週間空きまして…!
◆11/6 in 東京「SHUNバンド単独Live~ただ音楽は“言葉”を伝う為に~」

この日が基本的には手術後の僕の声を初披露するガッツリのLiveになります!
果たして、どう変化しているのでしょうか…??
是非ご期待下さい!僕にもわかりません(笑)初めての経験なので。。。

【3部】(※合同ライブイベント)
SHUN「ただ音楽は“言葉”を伝う為に~単独バンドLive~」
日付:11/6(日)
時間:OPEN/19:00 START/19:30
場所:上野音横丁
出演:SHUN
料金:前売/2,000円(要1D)当日/2,500円(要1D)
内容:青SHUN学園 学園長&Pのバンド形態での単独ワンマンLive。

最終更新:9/25(日) 12:24

BARKS