ここから本文です

漆喰鏝絵コンクール “特別展”前に佳作展

伊豆新聞 9月21日(水)14時2分配信

 松崎町は、「第17回全国漆喰鏝絵(しっくいこてえ)コンクール」の佳作13点を紹介する作品展を町環境改善センターで開いている。細部の表現にまでこだわった個性豊かな鏝絵作品がずらりと並び、訪れた人の関心を集めている。25日まで。

 伊豆の長八美術館で開催する、入賞作の特別展(25日から10月末まで)に先立つ企画展。浮き子どもが生き生きと水遊びに興じる様子を表現した「川遊び」や、広々とした農村の景観をパノラマで作品に収めた「散居村の風景」が目を引く。海中を泳ぐ魚群を、手の込んだ立体的な仕上がりで再現した力作も展示している。

 午前9時~午後5時。同コンクールは、松崎が生んだ漆喰鏝絵の名工・入江長八の功績をたたえようと開催。今回は全国各地から50点の応募があった。

 【写説】第17回全国漆喰鏝絵コンクールの佳作13点を紹介している作品展=松崎町環境改善センター

最終更新:9月21日(水)14時18分

伊豆新聞