ここから本文です

<明日のとと姉ちゃん>9月22日 第148回 常子、新時代に 新キャラも登場

まんたんウェブ 9/21(水) 13:00配信

 高畑充希さん主演のNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「とと姉ちゃん」は、第25週「常子、大きな家を建てる」を放送。22日の第148回は、昭和48年、常子(高畑さん)が君子(木村多江さん)から教わった言葉や知恵を次世代に伝える連載「小さなしあわせ」が、単行本で発売されるほどの人気になっていた。時代も移り変わり、常子は働く女性に対する世間の目の厳しさを実感していた。そんな時、「あなたの暮し出版」に若い女性が訪れる……。

【写真特集】病に倒れた“かか”木村多江、鞠子の娘たまきが美女に… 第25週の名場面

 「とと姉ちゃん」は、生活総合誌「暮しの手帖」創業者の大橋鎭子(しずこ)の軌跡をモチーフとしたドラマ。11歳で父を亡くしたことを境に家族の父代わりとなった小橋常子が浜松から上京し、女性向けの雑誌を創刊。高度経済成長期を生きる女性に支持されていく……というストーリー。

 第24週「常子、小さな幸せを大事にする」は、常子たちが、新聞記者の国実(石丸幹二さん)が仕掛けた公開商品試験に臨み、“最大の敵”赤羽根(古田新太さん)の洗濯機の重大な欠陥を指摘、「安全な製品を作ることが一番大切」と訴える。対決を終え、美子(杉咲花さん)の恋人の南(上杉柊平さん)は、宗吉(ピエール瀧さん)と照代(平岩紙さん)からキッチン森田屋を継ぐことになり、美子にプロポーズする。常子が、鞠子(相楽樹さん)や水田(伊藤淳史さん)らとお祝いをしていると、音信不通の叔父・鉄郎(向井理さん)が現れる……という展開だった。

最終更新:9/21(水) 22:38

まんたんウェブ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]