ここから本文です

中野の芸能プロダクションが新人研修ビジネス 実践中心に演劇と心理学で /東京

みんなの経済新聞ネットワーク 9月21日(水)8時2分配信

 中野坂上の芸能プロダクション「オフィスエルアール」(中野区本町2、TEL 03-6300-0500)と求人広告代理店「フロムエーワーク」(中野2、TEL 03-3229-5111)は協業で9月1日、新人研修サービス「しょほけん」を開始した。(中野経済新聞)

(関連フォト)座学の研修風景

 採用前後の新人研修を行う同サービスは、求人と採用で30年以上の実績があるフロムエーワーク・竹下芳(かおる)社長が、劇団と芸能プロダクションとして25年以上の実績があるオフィスエルアール・谷津かおり社長と意気投合し、企画。これまでもコミュニケーション研修などを演劇の力で実施してきたオフィスエルアールだが、これを機会に社会人の基礎となる新人研修を、新しい視点で行うことにした。

 同サービスは、従来の一気通貫型新人研修ではなく、研修のシーンを細分化してメニュー化、それぞれの場面ごとに1人から受けられるのが特徴。「心構え」「目標」「礼儀」「あいさつ」「お辞儀」「言葉づかい」「敬語」「笑顔」「来客」「訪問」「電話を受ける」「電話をかける」「ビジネス文書」「メールやファックス」「報連相」「コミュニケーション」「上司との付き合い方」「仲間との付き合い方」などのほか、公私の区別や規則などの「NG集講座」も用意する。講座の時間はそれぞれ20分~45分、費用は1人3,000~4,000円。フロムエーワーク考案のシミュレーションシステムで、打ち合わせ時には希望講座の合計額をその場で提示できるという。

 竹下さんは「新入社員を採用した時はもちろん、この10月の17卒の内定者を対象に内定者フォローとして利用いただくのも有効と考える。入社してからマナーなどの基礎を教えるのは大変。正社員やアルバイトなど、雇用形態にとらわれずに利用いただける仕立てとなっている」と意気込む。谷津さんは「研修で大切なことはマニュアルを伝えるではなく、その人の心に本物を響かせることが私たちの使命」と話している。

みんなの経済新聞ネットワーク

最終更新:9月21日(水)8時2分

みんなの経済新聞ネットワーク