ここから本文です

田臥の野望!Bリーグ「初代王者の称号を勝ち取る」/バスケ

サンケイスポーツ 9月21日(水)7時0分配信

 新たに発足したバスケットボール男子のプロリーグ「Bリーグ」が、22日、アルバルク東京(A東京)-琉球(東京・国立代々木競技場)で開幕する。日本選手としてただ一人、NBAでプレー経験のある田臥勇太(35)=栃木=が、開幕への思いをサンケイスポーツに激白。1億円プレーヤーの誕生を期待するなど、“ミスター・バスケットボール”としてリーグを盛り上げる気概を示した。栃木は24日、ホームのブレックスアリーナ宇都宮で秋田との開幕戦を迎える。

 --Bリーグが開幕する

 「日本にBリーグがあると興味をもってもらう大切なきっかけになる。子供たちに『Bリーグ選手になりたい』と夢を持ってもらえるように成長させたい」

 --日本選手でただ一人のNBA経験者

 「NBAでの経験を伝えるのは、僕にしかできない。NBA選手は技術だけでなく、バスケットに対する情熱も世界レベル。NBA選手だというプライドが、ものすごかった。スター選手になればなるほど、努力を惜しんでいなかった。このリーグも、自分がBリーグ選手と胸を張って言えるレベルに成長させたい。選手にそういう意識をもってもらいたい。少しでもチャンスがあれば、若手にはNBAにトライしてほしい」

 --どんなプレーを見せたい

 「バスケットに対する情熱は誰にも負けません。情熱をコートで表現できたら。それを感じ取ってもらえたらうれしい。当然、先頭に立って引っ張りたい気持ちもある。やりがいがあり、新しいチャレンジ」

 --男子はリオ五輪予選で敗退

 「正直、世界との壁を技術、体力、精神面すべてで感じた。それをひと時も忘れず、それぞれがレベルを上げられるかどうか。その差を縮めることを一日も忘れずに自分を磨きたい」

 --NBA選手を獲得するべきという声も

 「素晴らしいアイデア。でも、今いる日本選手が引っ張って魅力あるリーグにできればもっといい」

 --将来は1億円プレーヤーが

 「一つの目標になる。僕が子供の頃に、バスケット選手から1億円プレーヤーが出たとしたら、大きな衝撃を受けたと思う。プロになりたいと、もっと強く思えたはず。そういう選手がどんどん出てくる世界にしたい」

 --目標は

 「最初に優勝すれば初代王者といわれる。栃木のファンの方と一緒に、その称号を勝ち取りたい。個人としては、毎試合出てパフォーマンスできるように、勝利に貢献できるように、何でもやりたい」

 --初戦の相手は高校時代(能代工)を過ごした秋田

 「ずっと応援してもらっている。秋田の方たちにも喜んでもらえたらいい。元気に頑張る姿を見てもらいたい」

 --4年後には東京五輪

 「プレーヤーとしての明確な目標。必要としてもらえるプレーヤーでいられるようにやっていきたい」

最終更新:9月21日(水)8時4分

サンケイスポーツ