ここから本文です

複合機販売大手にIoTデータ分析環境を提供

MONOist 9月21日(水)9時55分配信

 SAS Institute Japan(SAS)は2016年8月30日、コニカミノルタジャパン(コニカミノルタ)が同社の「SAS Analytics」を導入し、複合機データなどのIoT(モノのインターネット)データの分析環境を構築したと発表した。導入後1年未満で、システム投資額を上回るコスト削減と収益拡大を達成したという。

 コニカミノルタは、複合機やその消耗品の販売・サービスを手掛ける企業。今回、業務の効率化と顧客満足度の向上を図るため、複合機からのマシンデータに加え、基幹データや外部データを含めたビッグデータの分析環境をSAS Analyticsで構築した。

 導入にあたっては、アナリティクスで解決すべき課題を調査し、売り上げ予測/在庫予測/故障予測/顧客離反予測/営業最適化の5つを基軸モデルとして設定した。さらに、GUI画面で分析モデルの構築フローを共有する機能を活用し、分析モデルの構築から効果検証まで、全てのデータ分析作業に現場部門も参加して、その声を生かせる体制を整えた。

 また、SASの機械学習や時系列予測などの分析手法を活用し、検証を繰り返して使える分析モデルを構築。その結果、顧客ごとの出力枚数予測に基づくトナー交換の最適化やコールセンターのコール履歴分析など、60種以上の分析モデルをそろえた。

最終更新:9月21日(水)9時55分

MONOist