ここから本文です

水泳・酒井選手、さいたま市長表敬 「東京に向けて頑張ります」

産経新聞 9月21日(水)7時55分配信

 リオデジャネイロ五輪に最年少の日本代表選手として出場した競泳女子の酒井夏海選手(15)=さいたま市立土合中=が20日、同市役所に清水勇人市長を表敬訪問し、市スポーツ特別功労賞を授与された。

 市役所正面玄関で職員から花束を受け取った酒井選手は「4年後の東京オリンピックに向けて頑張っていくので、これからも応援をよろしくお願いします」と笑顔で一礼した。

 市長室で出迎えた清水市長は「市内の小中学生に希望を与えてくれた。経験を糧にして東京オリンピックで羽ばたいてくれることを期待している」とねぎらった。酒井選手は「普段はあまり緊張しないのに、今回は泳いでいたときのことをよく覚えていないぐらい緊張した」と振り返り、「悔しい結果に終わったので、4年後は優勝を目指して頑張りたいという気持ちが強くなった」と改めて意気込みを語った。

最終更新:9月21日(水)7時55分

産経新聞