ここから本文です

<こち亀>コミックス最終200巻の増刷決定 発売わずか4日

まんたんウェブ 9月21日(水)14時35分配信

 40年に及ぶ長期連載が終了した秋本治さんの人気マンガ「こちら葛飾区亀有公園前派出所(こち亀)」のコミックス最終200巻が増刷されることが20日、分かった。17日の発売からわずか4日での増刷決定で、集英社は「他作品でも過去にはあるが、珍しいケース」と異例のスピード増刷であることを認め、コミックスの売れ行きについても「個別の数字は明らかにしていないが、好調に推移している」と話している。

【写真特集】「こち亀」8メートル巨大絵巻物を特別公開 エヴァやミクも…

 連載終了が大きな話題になったこともあり、コミックス200巻の初版部数は、通常よりも増やして対応したものの、東京都内や近郊の書店では、完売を告知している店舗が続出している。今回の増刷分は9月末までに店頭に並ぶ予定。また、17日に発売された小説集「VS.こち亀」の重版も決まった。

 「こち亀」は、東京の下町を舞台に、並外れた体力を持ち、人情味あふれる警察官・両津勘吉が巻き起こす騒動を描いたギャグマンガ。1976年から「週刊少年ジャンプ」(集英社)で40年にわたり連載され、コミックスの累計発行部数は約1億5000万部を誇る。17日発売の同誌42号で最終回を迎え、同日に並行してコミックス200巻を発売し、話題になっていた。

最終更新:9月21日(水)14時35分

まんたんウェブ