ここから本文です

ななみ、東京ワンマンでの聖なるパフォーマンスにファン号泣!!!

チケットぴあ 9月21日(水)19時12分配信

シンガーソングライターのななみが、全国ツアー“ななみ 2016 tour「白と黒の世界」”を開催中。9月17日には、東京で初ワンマンを行った原宿アストロホールに約2年ぶりに登場し、シンガーソングライターとして成長した姿を見せ付けた。

【そのほかの画像はこちら】

本ツアーは、黒(陰)と白(陽)をコンセプトにした2ndフルアルバム『Light in the Darkness』を引っさげた、バンドセットによるワンマンライブツアー。赤いライトに警告音が鳴り響く中、“黒いななみ”による“黒の世界”のステージからスタートした。挑発するように、セクシーな黒のドレスを着たななみが、『サイレン』や『通りゃんせ』などを、荒々しく披露。狂気を帯びた目、切なく哀しげな表情で歌い、観客を圧倒した。

中盤からは、天使のような純白のドレスを身にまとった“白いななみ”による“白の世界”に。『only lonely』など、優しく柔らかな表情で歌い上げ、浄化されていくようなステージを展開。さらに、「夢が叶った希望の曲」と語る『機動戦士ガンダムユニコーン RE:0096』のエンディングテーマ『Next 2 U 』(自らのアルバムでカバーしたVer)を笑顔で熱唱し、会場を盛り上げた。

「このステージで初めて東京でワンマンライブをやったときは、楽しい音楽ができてなかったと思います。楽屋に戻ってから、“これでいいのかな?”と考えたり。今日は、ちゃんと楽しいライブができてます」と語ったななみ。当時の自分に向かって歌うように、『今日も大丈夫。』を歌い上げた。

このライブでいろんな異なる彼女を演じてきたななみ。最後は、「最近の私は、私が私でいられることを、心がけています」と、引きこもっていた10代の頃を歌った自己紹介の曲を披露し、本当の自分をあらためて表現した。感謝を込めておじぎする彼女に、観客の拍手は鳴り止まなかった。

全国ツアーは残すところ、10月1日(土)大分・BRICK BLOCKでの凱旋ライブのみ。チケット発売中。また、12月1日(木)・2日(金)には東京・下北沢440で弾き語りライブを開催することを発表した。

取材・文:門 宏

最終更新:9月21日(水)19時12分

チケットぴあ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。