ここから本文です

(耕論)ポケモンGOと社会 さやわかさん、古橋大地さん、湯淺墾道さん

朝日新聞デジタル 9月21日(水)7時30分配信 (有料記事)

 人気のスマートフォンゲーム「ポケモンGO」のサービス開始から22日で2カ月。狂騒もやや落ち着いたところで、このゲームの広がりから見えてくる今の社会とは。

 ■新技術がもたらした実験 さやわかさん(ライター、評論家)
 ポケモンというキャラクターの世界的な人気を感じます。そして、みんな集めることが好きなんだな、と。
 いまのゲームは、パズル&ドラゴンズ(パズドラ)にしろ妖怪ウォッチにしろ、たいてい収集の要素がある。そのルーツがポケモンです。
 1996年に出た初代ポケモンの開発者は「昔からある子どもの遊びをそのままゲームにすればいい」と考えたそうです。……本文:6,811文字 この記事の続きをお読みいただくには、朝日新聞デジタルselect on Yahoo!ニュースの購入が必要です。

  • 通常価格:
    390円/月(初月無料)
  • 会員価格会員価格:
    324円/月(初月無料)

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上、ご購入ください。

Yahoo!プレミアム会員登録はこちら(月額498円)

朝日新聞社

最終更新:9月21日(水)7時30分

朝日新聞デジタル

豊洲へなぜ市場移転 経緯と課題

築地から市場が移転される豊洲で、都が土壌汚染対策をしていなかったことが発覚。そもそもなぜ豊洲に移転するのか、経緯と課題を知る。