ここから本文です

多肉植物「ハオルシア」窃盗、2年6月求刑 静岡地裁

@S[アットエス] by 静岡新聞 9月21日(水)7時55分配信

 高値で取引される多肉植物「ハオルシア」を盗んだとして建造物侵入と窃盗の罪に問われた中国籍の埼玉県川口市、衣料品等販売業(29)の初公判が20日、静岡地裁(肥田薫裁判官)で開かれた。被告は起訴内容を認めた。検察側は2年6月を求刑し、即日結審した。

 弁護側は被告が多肉植物が高価なことなどを詳しく知らず「共犯者の指示に従った。主犯ではない」などと述べ、執行猶予付き判決が相当と主張した。検察側は被告が中国人の知人から荷物を運んでほしいと頼まれた経緯を説明し、「知人が盗みをしようとしていることは分かっていた」と指摘した。

 起訴状などによると、被告は7月5日、何者かと共謀して藤枝市の会社敷地内に侵入し、ビニールハウスから多肉植物196本(1212万円相当)を盗んだとされる。

静岡新聞社

最終更新:9月21日(水)7時55分

@S[アットエス] by 静岡新聞