ここから本文です

2018年入社対象者選考、開始時期厳守を広報

エコノミックニュース 9月21日(水)6時42分配信

 日本経済団体連合会は20日、会員各社に対し、2018年入社対象の採用選考についての指針を広報した。「秩序ある採用選考活動の実現に向けて、指針を踏まえた対応を」とるよう求めており、「規定の開始時期より早期に行うことは厳に慎む」こととしている。

 それによると(1)採用選考活動にあたっての広報活動は「卒業・修了年度に入る直前の3月1日以降」(2)選考活動は「卒業・修了年度の6月1日以降」。(3)正式な内定日は「卒業・修了年度の10月1日以降とする」とした。

 日本経済団体連合会では「公平・公正で透明な採用の徹底に努め、男女雇用機会均等法、雇用対策法及び若者雇用促進法に沿った採用選考活動を行い、学生の自由な就職活動を妨げる行為(正式内定日前の誓約書要求など)は一切しない。また、大学所在地による不利が生じないよう留意する」こととした。

 また「留学経験者に対して配慮するように努める」よう求めたほか、卒業時期の異なる学生や未就職卒業者等への対応を図るため「多様な採用選考機会の提供(秋季採用、通年採用等の実施)に努める」ことも求めた。(編集担当:森高龍二)

Economic News

最終更新:9月21日(水)6時42分

エコノミックニュース

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

地球外生命を宿しているかもしれない1つの惑星と3つの衛星
地球外にも生命はいるのでしょうか?NASA(アメリカ航空宇宙局)の惑星科学部門の部門長であるジェームズ・グリーンと一緒に、地球外生命を宿していそうな場所を太陽系内の中で探してみましょう。 [new]