ここから本文です

学生と一緒にビタミン研究、東京薬科大「ラボdeサイエンス2016」10/22

リセマム 9/21(水) 18:00配信

 東京薬科大学は10月22日、中高生および高校生を対象とした実験教室「ラボdeサイエンス2016」を開催する。研究室(ラボ)で実際に研究をしている大学院生や学部生が、研究(サイエンス)の楽しさを伝える。参加費は無料、定員は先着20名。

関連画像を見る

 今回の実験のテーマは、「栄養:ビタミンはカラダにえー(ぃ)よー(ぅ)!」。東京薬科大学の学生と一緒に、普段口にしている野菜や果物に含まれているビタミンCの量を計測する。「ビタミンCが多く含まれている野菜や果物は何か」「レモン1個にはどれくらいビタミンCが入っているのか」などの身近な疑問を、学生のサポートのもと実験を行い、解明していく。

 事前申込制のため、希望者は東京薬科大学のWebサイトより申し込む。定員は20名、先着順で定員に達し次第受付締切りとなる。なお、実験は家族の見学も可能。

◆ラボdeサイエンス2016
日時:10月22日(土)10:00~16:00ごろ
※実験の進捗状況により、終了時刻が延長する可能性がある
会場:東京薬科大学(八王子市堀之内1432-1)
対象:中学生、高校生
定員:20名(先着順)
参加費:無料
申込方法:東京薬科大学Webサイトから申し込む

《リセマム 鶴田雅美》

最終更新:9/21(水) 18:00

リセマム