ここから本文です

加藤和樹、連続ドラマのようなストーリー広がる「夏恋」「秋恋」MVがフルでGYAO!独占公開

BARKS 9/21(水) 12:41配信

加藤和樹が、4月リリースの「春恋」から春夏秋冬を通じて続いていくコンセプトシングルとして9月28日(水)にリリースする「夏恋/秋恋」より、「夏恋」「秋恋」の2曲のミュージックビデオがフルバージョンでGYAO!にて独占公開された。

◆「夏恋/秋恋」ジャケット画像

「春恋」では、恋に傷ついた主人公が忘れられない思いに立ち止まりながらも一歩踏み出す姿が描かれていたが、「夏恋」では新しい出会いに心惹かれ、「秋恋」では新しい恋心に気づいてしまう、といった連続ドラマのようなショートムービーに仕上がっている。この一連の楽曲全ての作詞・曲を手掛けるのは、女性の幅広い支持を持つシンガーソングライターCHIHIROだ。また、ミュージックビデオの主人公の女性として、女優・タレントの佐々木もよこが引き続き好演している。女性の視点で描かれた詞を加藤が歌っているのも大変興味深いところ。両映像ともに、本日9月21日(水)より1週間限定での公開となる。

「夏恋」 http://gyao.yahoo.co.jp/player/00153/v09671/v0961900000000538830/
「秋恋」 http://gyao.yahoo.co.jp/player/00153/v09671/v0961900000000538831/
■期間:2016年9月21日(水)12:00~27日(火)終日

尚、「夏恋」「秋恋」のミュージックビデオはそれぞれ、DVD付仕様となる“「夏恋」ミュージックビデオver.”と“「秋恋」ミュージックビデオver.”の特典DVDとして収録される。

また、今回のリリース記念のイベントも決定している。情報は随時発表されるようで、観覧方法や内容は会場によって異なるので詳しくはレーベルサイトをチェックして欲しい。

上記イベントの他、リクエスト&カバー曲をアコースティックでお届けするアコースティックライブツアー<Kazuki Kato Acoustic Live"KK-station"Tour 2016~That day~>も予定されており、新たに音楽活動10周年の締めくくりとして本人作詞作曲(ユニットJOKERの曲含む)で構成された2Daysのライブを来年2017年3月に新宿BLAZEで開催する事も発表されたばかりだ。まだまだ続くメモリアルイヤーにご注目を。

ニューシングル「夏恋/秋恋」
2016年9月28日(水)発売
■「夏恋」ミュージックビデオver.(シングルCD+DVD)
TECI-520 ¥1,800+税
[CD]1.夏恋 2.秋恋
[DVD]「夏恋」ミュージックビデオ

■「秋恋」ミュージックビデオver.(シングルCD+DVD)
TECI-521 ¥1,800+税
[CD]1.夏恋 2.秋恋
[DVD]「秋恋」ミュージックビデオ

■通常盤(シングルCD)
TECI-522 ¥¥1,000+税
[CD]1.夏恋 2.秋恋 3.夏恋(Instrumental) 4.秋恋(Instrumental)

【リリースイベント(2016年9月21日現在)】
9月28日(水) 東京・渋谷MODI 7階イベントスペース 15:30~
9月28日(水) SHIBUYA TSUTAYA 2階特設会場 17:30~
9月28日(水) 東京・とらのあな池袋店B 8F イベントフロア 19:30~
10月17日(月) 大阪・イオンモール茨木 1F 中央吹き抜けジョイプラザ 19:00~
■レーベルサイトhttp://www.teichiku.co.jp/artist/kato-kazuki/

【ライブ情報】
<Kazuki Kato Acoustic Live"KK-station"Tour 2016~That day~>
10月30日(日) 新宿 FACE
11月3日(祝・木) 仙台 Rensa
11月5日(土) 梅田 AKASO
11月6日(日) 名古屋 ダイアモンドホール
11月12日(土) 福岡 DRUM LOGOS
11月13日(日) 広島 CLUB QUATTRO
11月19日(土) 新宿 FACE

<Kazuki Kato 10th Anniversary Special Live"GIG"2017~Laugh&Peace~THE FINAL>
2017年3月4日(土) 新宿BLAZE
2017年3月5日(日) 新宿BLAZE

<詳細はオフィシャルサイトまで>
http://www.katokazuki.com/

最終更新:9/21(水) 12:41

BARKS

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]