ここから本文です

ケヴィン・スペイシーが猫になるコメディ「メン・イン・キャット」公開

映画ナタリー 9月21日(水)7時0分配信

ケヴィン・スペイシー主演作「Nine Lives」が、「メン・イン・キャット」の邦題で公開される。

【この記事の関連画像をもっと見る】

本作は、オスカー俳優のスペイシー扮する傲慢な社長トムの魂が猫の体に閉じ込められてしまったことをきっかけに起こる騒動を描くコメディ。「ダラス・バイヤーズクラブ」のジェニファー・ガーナーがトムの妻役、「ディア・ハンター」のクリストファー・ウォーケンがペットショップの店主役で出演し、「メン・イン・ブラック」シリーズのバリー・ソネンフェルドが監督を務めた。

あわせて公開されたポスタービジュアルは、トムの写真を持ったかわいらしくもふてぶてしい表情の猫の下に、「メン・イン・ブラック」を意識した猫耳付きのロゴがあしらわれたユニークな1枚となっている。

「メン・イン・キャット」は11月25日より東京・TOHOシネマズ シャンテほか全国でロードショー。



(c)2016 - EUROPACORP - All rights reserved

最終更新:9月21日(水)7時0分

映画ナタリー