ここから本文です

(患者を生きる:3141)仲間と歩む ALS:3 「先駆者」との出会い

朝日新聞デジタル 9月21日(水)7時30分配信 (有料記事)

 東京都江東区の岡部宏生さん(58)は2006年春に体の異変を感じ、検査入院した大学病院の診断書で、筋肉が衰えていく難病の筋萎縮性側索硬化症(ALS)の可能性があると知った。
 別の医療機関のかかりつけ医に相談すると、「十分な検査結果が出ているので、特定疾患(難病)の手続きをしましょう」と言われた。同年秋に認定を受けた。
 認定を受けると、自分は数年後に死ぬと思い、「もう自分のことは考えずに、会社のこと、家族のことだけを考えよう」と決めた。
 全身の筋肉が徐々にやせて力がなくなり、07年夏から在宅での療養生活に入った。……本文:1,910文字 この記事の続きをお読みいただくには、朝日新聞デジタルselect on Yahoo!ニュースの購入が必要です。

  • 通常価格:
    390円/月(初月無料)
  • 会員価格会員価格:
    324円/月(初月無料)

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上、ご購入ください。

Yahoo!プレミアム会員登録はこちら(月額498円)

朝日新聞社

最終更新:9月21日(水)7時30分

朝日新聞デジタル