ここから本文です

『アイドルマスター シンデレラガールズ スターライトステージ』1周年記念アンケート結果発表

ファミ通.com 9/21(水) 12:02配信

●『デレステ』1周年記念企画・プロデューサー意識調査2016
 2016年9月3日で1周年を迎えた『アイドルマスター シンデレラガールズ スターライトステージ』(以下、『デレステ』)。1周年を記念して週刊ファミ通2016年9月22日号(2016年9月8日発売)では、24ページにわたって『デレステ』を大特集。ゲームの魅力はもちろん、『デレステ』1年の振り返り、大橋彩香さん(島村卯月役)、青木瑠璃子さん(多田李衣菜役)、杜野まこさん(姫川友紀役)へのインタビュー、開発者Q&Aなど盛りだくさんの内容でお届けしている。同特集の企画のひとつとしてファミ通.comで2016年8月5日~8日まで実施した、『デレステ』1周年記念アンケートの結果を大発表! 8ヵ月ぶり2度目のアンケートで判明した、現在のトレンドは!?

※ファミ通.comにて2016年8月5日~8日までの4日間実施。有効回答数4163票。

【Q1】現在のPLv(プロデューサーレベル)は?
 やり込み量の勲章でもある、PLv。なんと、全体の約3分の2が100に到達している。それに必要な経験値は、『おねがい!シンデレラ』MASTERのクリアー2224回ぶん! ちなみに、全体の平均は113.9(前回は63.9)。

【考察】6割以上のプロデューサーがPLv100超え!

【Q2】現在のPRP(プロデューサーレーティングポイント)は?
 SSレアアイドルの普及にともない、PRPの平均値も大幅にアップ!(前回の約531→約778に)。COMBOボーナススキルを持ったアイドルの編成など、プロデューサー間で攻略方法が確立されてきたことも理由と考えられる。

【考察】800超えは前回の約2%→約49%に。平均は約778

【Q3】MASTERでフルコンボを取った曲の数は?
 アンケートを行った2016年8月8日時点で、MASTER楽曲は最大75曲(先行プレイの『サマカニ!! 』を含む)。比較的簡単なLv23以下の楽曲は11曲、上級者への“壁”と言われるLv26以上は約半数の37曲、そのうち最高峰のLv28楽曲は8曲用意されている。そして今回、フルコンボを達成した数を10曲刻みで集計したところ、なんとまんべんなくプロデューサーたちが分布していることが判明した。リズムアクションが苦手で、MASTERではクリアーできない人から、超絶テクの持ち主まで、『デレステ』のユーザー層はじつに多彩なようだ。

【考察】まんべんない分布に。ユーザー層の多彩さが証明された

【Q4】現在、いちばんプレイ回数が多い楽曲は?
 前回に引き続き『シンデレラガールズ』を象徴する楽曲でもある、『お願い!シンデレラ』がぶっちぎりの1位に。テレビアニメ版でも使用された楽曲がTOP10をほぼ独占する結果になった。また、左のランキング外だが、『ミツボシ☆☆★』(11位)、『できたてEvo! Revo! Generation!』(18位)など、ニュージェネレーションズ楽曲の人気も高い。

【考察】テレビアニメ版の人気曲が続々ランクイン!

【Q5】プレイ感覚がいちばん気持ちのいい楽曲は?
 4位の『2nd SIDE』を除き、イベント楽曲が上位を独占。前回のTOP10が20位以内にも入らない、という激動のランキングとなった。最近の追加楽曲は、ジグザグフリックや階段状にノーツが配置されているものが目立っているが、プロデューサー間では、BPMが速め(もっとも遅いもので『2nd SIDE』の130)のアップテンポな曲調と、乱打系の譜面が人気を集めた模様。


【考察】新しいイベント楽曲が上位に多数進出

【Q6】いちばんMVが好きな曲は?
 難易度MASTERをクリアーすると解放される、MV機能。現在では、歌詞の表示/非表示などの機能が搭載されており、キャストの皆さんも予習に使うことがあるほどの、完成度の高さが魅力となっている。とくに後発でゲームに収録された楽曲ほど、画面効果など演出のレベルがアップしており、ランキングの上位も2016年春以降配信の楽曲がずらりと並んだ。また、TOP3を本作のオリジナル楽曲が独占しているという事実も見逃せない。

【考察】イベント楽曲が猛威を振るうも、奏、奈緒のソロ曲が健闘

【Q7】いちばん苦戦している曲は?
 前回1位の『あんずのうた』に代わり、圧倒的なノーツ数でプロデューサーをノックアウトした『TOKIMEKIエスカレート』が1位を奪取! Lv27~28の高難度譜面が並ぶ中、変則的なフリック配置が特徴の『つぼみ』(3位)や、中盤に難所が待つ『サマカニ!!』(4位)が、ランクインした。

【考察】美嘉へのTOKIMEKIで完全降伏!

●まだまだ続く! 『デレステ』1周年記念アンケート!!
【Q8】あなたの『デレステ』担当アイドルは?
 本作の原点でもあるゲーム、『アイドルマスター シンデレラガールズ』で行われている“シンデレラガール総選挙”とは一線を画す結果に。TOP10のうち7人をクールタイプのアイドルが占め、とくにゲーム内ユニットのトライアドプリムス(渋谷凛、神谷奈緒、北条加蓮)は全員がランクインするという快挙。目立った変化では、鷺沢文香が前回の16位から2位にジャンプアップしている。また、全体では35人ものアイドルが得票率1%(40票)を獲得しており、まさにアイドル戦国時代といった乱戦だった。

【考察】トライアドプリムスを始めとしたクール勢が席巻!


【Q9】あなたの起用しているアイドルは?
 センター部門では、前回は苦戦していたニュージェネレーションズ(島村卯月、渋谷凛、本田未央)の活躍が大きく目を引いた。彼女たちは総合でも全員10位以内に入っている。今年実装された、3タイプ編成でアピール値100%アップのセンター効果を持つ、新SSレアカードの影響もあるだろうか。一方、総合ランキングでは、北条加蓮、鷺沢文香が大きく票を伸ばすも、前回圧勝を飾った神崎蘭子の牙城を崩すにはいたらず。ここでもクール勢が強く、上位5人を独占した。

【Pick up!】急上昇のアイドルたち

 前回から大きく票を伸ばしたのは、速水奏(9位)、宮本フレデリカ(10位)、二宮飛鳥(12位)。3人ともまったく異なる個性の持ち主で、プロデューサーたちの好みの多様性がうかがえた。

【考察】上位は接戦も超個性派アイドルたちが虎視眈々と上位を狙う!

【Q10】いちばん好きなアイドルのイラストは?
 上位の顔ぶれは、担当&起用数ランキングを反映した形となったが、このランキングで躍進したのは2位に入った神谷奈緒。“ギャップ萌え”の強さは不変であると証明された。しかしその追撃をかわしたのは、やはり神崎蘭子だった。彼女は唯一のダブル入賞も果たしている。

【考察】ブリュンヒルデの紡ぎし黄金郷は永遠なり!

【Q11】いちばん好きなSSレアの衣装は?
 ほかのランキングでも躍進が目立っていた鷺沢文香が、ここでついに1位をゲット! 露出度は決して高くないが、控えめなその性格、しかし隠せないスタイルのよさなど、多くのプロデューサーたちが心を奪われたようだ。8位の依田芳乃、10位の乙倉悠貴など、アンケート集計時点でボイス未実装のアイドルが上位に入っていることも見逃せないところ。

【考察】アイドル戦国時代の新たな波がここに!

【Q12】お気に入りのルームアイテムは?
 全体的に、シンプルなレイアウトにするためのアイテムが上位にランクインしている。意外なところでは、よくある事務所のイメージとは異なる“和風”のアイテムがどの部門でも上位に入っており、そこに日本人らしさが感じられた。


【背景】
 4位以下も“夏の田園テーマ”、“ハロウィンテーマ”と続き、季節感のある背景が好まれていた。背景をデフォルトのままにしている人も多いようだ。

【壁】
 こちらは、ポスターなどを飾る関係か、とくにシンプルなものが上位を占めていた。背景とは反対に、期間限定販売のにぎやかな壁紙の支持は少なめ。

【床】
 ルーム全体の雰囲気にも直結するため、レイアウトのテーマに合わせて選択する人が多かった模様。背景、壁と比べるとかなり票が割れていた。

【机/椅子/収納/スペース】
 ほかのカテゴリーとテイストを揃えたアイテムが上位に入る中、1位はどんな雰囲気でも使えるうさぎクッション。アクションのかわいさも評価されたか。

【家電/雑貨/ホビー】
 このカテゴリーのみ、インパクトたっぷりのアイテムが並ぶ異色のランキングに。いずれもおもしろいアクションが楽しめるので、ぜひ試してほしい。

【壁飾り/敷き物/衝立】
 もっとも票が分散したカテゴリー。地道に得票を稼いだガラスのパーティションが1位に。アイドルポスターでは、“鷺沢文香のポスター(1)”が最多得票。

【考察】シンプル&和風のアイテムが人気。マスコット1番人気はうさぎに軍配

【Q13】お気に入り編成しているアイドルは?
 事務所のほうは、ユニット起用と同じ編成にしているプロデューサーも多かったのか、Q9に近い結果となった。やや神崎蘭子の起用が少なかったくらいか。フリールームでは、鷺沢文香、新田美波のふたりの名前が目立っていた。

【考察】ルーム用に別のアイドルを起用する機会は少なめ

【Q14】「こんなものがあったらうれしい!」というルームアイテムは?
 気軽に答えるには難しい設問だったが、多くのプロデューサーがおもしろい意見を寄せてくれた。さまざまなアイテムの提案がある中、上位ふたつについては表現もほとんど一致しており、いかに望む声が多かったかがうかがえた。ランク外でユニークなところでは、アイドルがふたりで寝る“ダブルベッド”、“シンデレラガールズ劇場”でもおなじみの“輝子、乃々、まゆが潜る机”、“蘭子のグリモワール”などが挙げられる。


【考察】もっとかわいいアクションを見たいという声多数

【Q15】いちばん好きな、ちひろのコスプレは?
 コスプレ好きの千川ちひろさん。本作や『アイドルマスター シンデレラガールズ』では、ことあるごとに多彩なコスプレ姿を披露してくれている。やはりセクシー系の衣装が人気を集めていたが、「いつもの制服姿がいい」という声も。

【お詫びと訂正】週刊ファミ通2016年9月22日号(2016年9月8日発売)掲載時に、上記【Q15】の得票数に誤りがありました。正しい数値は本記事の内容となります。読者の皆様、並びに関係各位にご迷惑をおかけしましたことをお詫びし、訂正させていただきます。

【考察】セクシー系が人気を集めるも制服姿も好評

【Q16】ちひろにしてほしいコスプレは?
 エイプリルフール企画でも、制服姿で『お願い!シンデレラ』を歌ったちひろさん。そんな彼女には、アイドルたちの衣装をまとってほしいという意見が多く寄せられた。以下、上位にはいわゆるコスプレの王道を求める声が目立った。


【考察】皆が見たいのはちひろさんのアイドル化!?

【Q17】お気に入りの1コマ劇場は?
 ローディング中に、アイドルたちのユニークな一面が見られる“1コマ劇場”。とくに4位の浅利七海など、まだノーマルしか実装されていないアイドルの名前もあり、プロデューサーたちの守備範囲の広さが伺えた。

【考察】1コマ劇場で大切なのは“ネタのインパクト”

■特別企画 あなたの事務所見せてください!
 アンケートで募集した、ルーム(事務所orフリールーム)の画像。なんと、2260件もの投稿をいただくことに。皆さん、本当にありがとうございます! それぞれの担当アイドルへの愛を、アイテムを使った文字やレイアウトでアピールしたもの、“和風”や“お花畑”といった、ひとつのテーマで統一したものなど、多彩な投稿が集まった。今回は、その中から印象的だった5つのルームを紹介しよう。

最終更新:9/21(水) 12:02

ファミ通.com

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]