ここから本文です

「県代表し戦う覚悟」 滋賀、Bリーグ・レイクス選手が知事訪問

京都新聞 9月21日(水)10時20分配信

 プロバスケットボールBリーグ1部の滋賀レイクスターズの選手らが20日、大津市の県庁で三日月大造知事を表敬訪問した。24日に開幕する新たな全国リーグで、湖国を代表して戦う覚悟を示した。
 坂井信介代表は今季から同市の県立体育館(ウカルちゃんアリーナ)でホーム試合の8割を開催することにふれ、「『ホーム感』を出し、県を代表して戦いたい」と強調。横江豊主将は「滋賀県を全国にアピールできるすばらしいチャンス。必死に食らいついて頑張る」と決意を語り、ユニホーム姿の全10選手が順に抱負を述べた。
 新リーグでの1部参入となり、三日月知事は「これほど県民が注目度、期待感を持って迎えるシーズンはない。自分もできるだけ多くの試合に応援に行く」と激励。レイクスの新アリーナ構想などを念頭に「環境を整えるための努力を一緒にやっていきたい」とも述べた。レイクスは県の「しがスポーツ大使」となり、委嘱状の交付を受けた。

最終更新:9月21日(水)10時20分

京都新聞

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]