ここから本文です

<山下達郎>インタビュー 松嶋菜々子主演ドラマ主題歌への思い「僕らの夏は終わらない」

まんたんウェブ 9/21(水) 17:37配信

 シンガー・ソングライターの山下達郎さんが、女優の松嶋菜々子さん主演のドラマ「営業部長 吉良奈津子」(フジテレビ系毎週木曜午後10時)の主題歌「CHEER UP! THE SUMMER」のシングルを14日にリリースした。山下さんにとって3年ぶりのシングルで、山下さんと松嶋さんのタッグは、松嶋さんがヒロインを務めたNHK連続テレビ小説「ひまわり」(1996年4月に放送)に提供された「DREAMING GIRL」(96年発売。98年リリースのアルバム「COZY」にも収録)以来20年ぶり。山下さんに、楽曲に込めた思いや今後について語っていただいた。

【写真特集】ジャケットイラストの達郎さんがカワイイ!? 

 ◇

 ──今回の楽曲は達郎さんにとって3年ぶりのシングルで、松嶋菜々子さん主演のテレビドラマ「営業部長 吉良奈津子」(フジテレビ系)の主題歌となっています。以前、ドラマや映画の主題歌を書き下ろす際は、物語にできるだけ寄り添うようにしているとおっしゃっていましたが、今回はドラマのどのような部分が曲作りに影響しましたか。

 産休明けの女性がそれまでのクリエーティブセクションから営業に異動になり、子育てとのはさみうちで苦労する物語なんです。なので、最初はもっと孤独感を感じるようなアーバンな雰囲気の曲を書いたんですよ。でも、制作サイドから「もっと明るい曲にしてほしい」という要望がありましてね。僕は昔から座付き(専属)体質で、タイアップ曲は作品に寄りそってナンボという考え方なので、リクエストに沿って明るめの曲に書き換えましたが、とはいえ今回はあんまり突き抜け過ぎるとドラマに合わない気がしたので。ドラマと解離しないように、ちょっとだけ抑制を利かせました。

 ──達郎さんが作るタイアップ曲は、作品のイメージにすごく合ってはいつつも、タイアップとしての役割が終わったあとでもまったく色あせないという印象があります。作品に寄り添っているのに、いつでも独り立ちできるというか……。

1/6ページ

最終更新:9/21(水) 17:39

まんたんウェブ