ここから本文です

”ロッテ裏金疑惑” 聴取終えたロッテ創業者の次男、令状請求も検討=韓国検察

WoW!Korea 9月21日(水)9時51分配信

21日午前、18時間を超える検察聴取を終えたロッテ創業者の次男=重光昭夫(韓国名:シン・ドンビン、61)に対し、韓国検察は令状請求を検討していると明かした。

 検察は、昭夫会長がロッテケミカルの270億ウォン台(約27億円台)におよぶ税金不当払い戻しの過程で、どのような役割を担っていたかについて集中的に取り調べた。今後、昭夫会長に対する聴取内容を土台に、拘束の必要性などを検討した後、令状請求について最終的に決定する方針だ。

 一方、昭夫会長は、ロッテ建設など系列会社に数百億ウォン台(数十億円台)の裏金を造成するよう指示し、引受け・合併(M&A)の過程で発生した経営損失を系列会社に押し付けるなど、会社に損失を及ぼした疑惑がもたれている。

最終更新:9月21日(水)9時51分

WoW!Korea

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。