ここから本文です

広瀬&倉が引退…広島低迷期支えた2人 25日マツダでセレモニー

デイリースポーツ 9/21(水) 6:02配信

 広島は20日、広瀬純外野手(37)と倉義和捕手(41=2軍バッテリーコーチ兼任)が今季限りで引退すると発表した。共に今季はここまで1軍出場機会はなく、近日中に引退記者会見を行う予定。25日の地元最終戦、ヤクルト戦で引退セレモニーが開催される方向。低迷期を支えたベテランが、静かに愛着あるユニホームを脱ぐ。

【写真】涙が出そう…広瀬&倉の微笑み2ショット

 華々しく飾った25年ぶり優勝の陰で、ひっそりとベテランが引き際を決めた。長く広島の低迷期を支え、常勝軍団の礎となった功労者。その人柄と堅実な守備、シュアな打撃で幾多の観客を魅了した。プロ16年目の広瀬が今季限りで引退する。

 法大在籍時の2000年に、シドニー五輪の日本代表に選出。同年秋、逆指名のドラフト2位で入団した。1年目から1軍で活躍。01年5月22日・横浜戦では、くしくも同じ日に引退発表となった三浦から、プロ初本塁打を記録。低迷期のチームの中で鮮烈な輝きを放った。

 主力選手となって以降、10年には球宴に初出場し、ゴールデングラブ賞を獲得した。13年には15打席連続出塁のプロ野球記録も樹立。記録、記憶に残る名選手として愛されたが、近年は松山、鈴木、野間らの台頭もあって出場機会が激減。昨年に続き、今季もここまで1軍出場がなかった。この日までに、球団に引退の意思を申し入れ、了承された。

 「一緒に戦った選手がユニホームを脱ぐのはさみしい。長く主力として頑張ってくれた」。球場に姿を見せた緒方監督は、同じく引退を発表した倉も含めて、別れを惜しんだ。その上で「倉はコーチとしても、広瀬はプレーしながら背中で若い選手に教えてきてくれた。感謝している」と、優勝の功労者としてねぎらった。

 近日中にも引退会見を開く予定。松田オーナーは「2人は1つの時代を支えてくれた貴重な選手。守備の華麗さ、肩の強さは特別だった」とたたえた。今後は未定ながら将来的には、コーチで復帰する可能性が高い。球団は25日の本拠地最終戦、ヤクルト戦で引退セレモニーを開催予定。既に入場券は完売で、最高の花道が用意される。チームを支えたベテランが、静かにバットを置く。

最終更新:9/21(水) 7:30

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

E.T.は(多分)いる -- 心して待て
SETIの研究者であるセス・ショスタックは24年以内に地球外生命体を発見できると賭けを申し出ます。そうでなければコーヒーを一杯おごると。何故、発見できるのか。そして、はるかに進んだ社会を発見することによって人類はどう影響を受けるのかについて語ります。