ここから本文です

アクション増加&カーク船長のドラマも!「スター・トレック BEYOND」日本版予告公開

映画.com 9月21日(水)12時0分配信

 [映画.com ニュース] J・J・エイブラムスによる人気SFシリーズの最新作「スター・トレック BEYOND」の日本版予告編が、公開された。

作品の魅力を30秒に凝縮!「スター・トレック BEYOND」日本版予告はこちら!

 任務中、何者かにエンタープライズ号を破壊されて未知の星に不時着したカーク船長(クリス・パイン)たちクルーが、強大な力を持った敵と激しいバトルを繰り広げるさまが描かれる。「ワイルド・スピード」シリーズのジャスティン・リン監督が新たにメガホンをとり、製作のエイブラムスとタッグを組んだ。

 予告編では、エンタープライズ号の船長だった父と自身を比較し「父は信念を持っていた。俺は違う」と苦悩するカークの姿や、「これがエンタープライズ号の最後のミッションになる」という意味深なセリフなど、アクションのみならずドラマ面に焦点を当てたつくりになっている。重傷を負ったスポック(ザッカリー・クイント)と額が流血したボーンズ(カール・アーバン)、船体に爆炎が迫り来るなか「つかまれ!」と叫んでかじを切るスールー(ジョン・チョウ)ら、おなじみのクルーたちの活躍も描かれている。

 リン監督は、50年続くシリーズに参加した重圧を「リスクもあるけど、怖がっていたらそれこそ『スター・トレック』の終わりの日だと思う」と振り返る。その上で、本作を「『スター・トレック』のファンも、そうでない人も誰もが、このシリーズを偉大なものにした本質的な部分に触れることができる。作品への愛というDNAを使っただけじゃなくて、実際に前へ進めることができたと思うよ」と評し、シリーズのツボを押さえつつ新風を吹き込んだことへの自信を見せている。

 「スター・トレック BEYOND」は、10月21日から全国公開。

最終更新:9月21日(水)12時0分

映画.com

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。