ここから本文です

岡崎2発もチェルシーが延長戦制し4回戦へ リヴァプール&アーセナル快勝/英リーグ杯

ISM 9月21日(水)9時31分配信

 イングランド・リーグカップは現地時間20日に3回戦の試合が各地で行なわれ、チェルシーが岡崎慎司所属のレスターを延長戦の末4対2で下した。岡崎は先発で75分までプレーし、2得点を挙げた。

 レスターは17分に相手DFのミスを突いて岡崎のゴールで先制すると、34分にも岡崎が追加点を奪い2点を先行する。対するチェルシーは46分にケーヒルが決めて反撃の狼煙を挙げ、後半立ち上がりの49分にアスピリクエタが同点弾。DF2選手のゴールで試合を振り出しに戻す。

 89分にジエゴ・コスタへのひじ打ちでヴァシリェフスキが退場になったレスターに対し、チェルシーは延長戦でセスクが2ゴール。プレミアリーグで出場機会の少ない同選手が試合を決め、4回戦へ進出した。

 最多8度の優勝を誇るリヴァプールは、ダービー(2部)に3対0と快勝。チェルシー同様に複数の主力を温存しながらも、クラヴァン、コウチーニョ、オリギのゴールで危なげなく16強進出を決めている。

 アーセナルはノッティンガム・フォレスト(2部)を4対0と一蹴。ジャカのロングシュートで攻撃の口火を切ると、同じく新戦力のペレスが移籍後初得点を含む2ゴール。最後はロスタイムにチェンバレンが決めて締めくくった。

 一方、プレミアリーグでここまで無敗の2位と好調のエヴァートンは、ノリッジ(2部)に0対2と敗戦。古巣対決のネイスミスのゴールなどで大会から姿を消した。ボーンマスもプレストン・ノースエンド(2部)に敗れ、これでプレミア勢は計6チームの敗退が決まっている。

 このほかニューカッスル、レディング、リーズ(以上2部)が16強入りを決めた。(STATS-AP)

最終更新:9月21日(水)9時32分

ISM

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]