ここから本文です

〔東京株式〕小幅安=日銀会合結果待ちで手控え(21日前場寄り付き)

時事通信 9月21日(水)9時30分配信

 【第1部】手掛かり材料に乏しい中、日銀金融政策決定会合の結果待ちで積極的な売り買いが手控えられている。日経平均株価、東証株価指数(TOPIX)ともに小幅安。
 ソフトバンクG、ファーストリテ、ディーエヌエーが売られ、任天堂、リクルートHDは弱含み。三住トラストが下押し、JR東海、ゼンショーHDは小幅安。村田製、キーエンスが値を下げ、富士重、三菱商は軟調。半面、三井住友、東電力HDが買われ、三井不はしっかり。7&iHDが上伸し、花王、JTは続伸。WSCOPEが値を上げ、SMC、トヨタ、ダイキンは堅調。

最終更新:9月21日(水)11時27分

時事通信