ここから本文です

「macOS Sierra」のMac App Storeでの提供開始

ITmedia ニュース 9月21日(水)6時34分配信

 米Appleは9月20日(現地時間)、「OS X El Capitan」の次のMac OSである「macOS Sierra」の正式版を公開した。表示されているバージョンは「10.12」。対応する端末(後述)で、Mac App Storeからダウンロード・インストールできる。

アップグレードについての情報まとめページ

 アップグレードできるのは、「OS X 10.7.5」以降を搭載の2009年後半以降に発売された「MacBook」および「iMac」、2010年以降発売の「MacBook Air」「MacBook Pro」「Mac mini」「Mac Pro」だ。要件の詳細はAppleのWebサイトで確認できる。

 本稿執筆現在、ネット上などで大きなトラブルの報告は見つからないが、Appleは、アップグレード前にバックアップをとることを推奨している。

 要件を満たす環境でApp StoreからmacOS Sierraをダウンロードすると、インストーラーが自動的に起動してアップグレードが始まる。自動的に始まらない場合は、アプリケーションフォルダの「macOS Sierraをインストール」を開く。

 バックアップ方法やうまくいかないときの確認ポイントなどはAppleの専用サイトを参照されたい。

 macOS Sierraは、同社が6月のWWDCで発表した新OS。これまでモバイルOSのiOSでのみ提供されていた音声対応のパーソナルアシスタント「Siri」が使えるようになる他、Apple製品間のコピー&ペーストが可能な「ユニバーサルクリップボード」、「iOS 10」版と同様に強化された「写真」アプリ、ディスプレイ上のウィンドウを整理できる「タブ」の整列機能などが追加された(新機能の紹介はこちら)。

最終更新:9月21日(水)6時34分

ITmedia ニュース

豊洲へなぜ市場移転 経緯と課題

築地から市場が移転される豊洲で、都が土壌汚染対策をしていなかったことが発覚。そもそもなぜ豊洲に移転するのか、経緯と課題を知る。