ここから本文です

(教えて!2025年問題 識者に聞く:上)地域包括ケア、身近な成功モデルを 遠藤英俊さん

朝日新聞デジタル 9月21日(水)11時30分配信 (有料記事)

 病気になっても介護が必要になっても住み慣れた土地で暮らし続けられるように、国は医療や介護、予防、生活支援、住まいを一体的に提供する「地域包括ケア」の整備を進めています。団塊の世代がすべて75歳以上になる2025年までに、全国にくまなく広げる目標を掲げています。
 5割以上のお年寄りが自宅での最期を望んでいることを踏まえると、方向性は正しい。でも、実現はそう簡単ではありません。
 高齢の患者やその家族に地域包括ケアでやろうとしている内容を尋ねると、知っているのは3~4割程度。まだ自分に関わることとして実感できない人が多いと感じます。……本文:2,268文字 この記事の続きをお読みいただくには、朝日新聞デジタルselect on Yahoo!ニュースの購入が必要です。

  • 通常価格:
    390円/月(初月無料)
  • 会員価格会員価格:
    324円/月(初月無料)

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上、ご購入ください。

Yahoo!プレミアム会員登録はこちら(月額498円)

朝日新聞社

最終更新:9月21日(水)11時30分

朝日新聞デジタル

いかにして巨大イカを見つけたか
人類は水中撮影を始めたときから巨大イカ(ダイオウイカ)を探し求めてきました。しかしその深海の怪物を見つけることは難しく、今まで撮影に成功したことはありませんでした。海洋学者であり発明家でもあるエディス・ウィダーは、ダイオウイカの初の撮影を可能にした知見とチームワークについて語ります。