ここから本文です

レスター指揮官ラニエリが岡崎の“強い意志”を称賛…ポジション争いの激化を歓迎

GOAL 9月21日(水)18時48分配信

レスター・シティを率いるクラウディオ・ラニエリ監督は、チーム内での競争力が高まることを歓迎した。

レスターは20日に行われたEFLカップ3回戦でチェルシーに延長戦の末、2−4で敗れた。しかし、岡崎慎司が2得点を挙げた他、リーグ戦で出番の少ない選手たちを試すなど、収穫もあったゲームとなっている。

ラニエリ監督は試合を振り返り、「2−0までのパフォーマンスには満足している。とてもいいスタートを切ることができた。相手にプレッシャーをかけ、試合をコントロールできていた」とコメント。続けて、「チェルシーはポゼッション率で上回っていたけど、普通のことだよ。我々はクレバーにスマートに戦い、シンジ・オカザキが2つのチャンスをものにしてくれた。1点目はダビド・ルイスに、2点目はGKに競り勝ってくれたね」と、チームと岡崎をたたえた。

さらに岡崎について、「シンジは強い意思を持って試合に臨んだ。とてもいいことだよ。シンジと(ホセ・レオナルド)ウジョアはチャンスを巡って競い合っているからね」と言及し、高いモチベーションを持って試合に臨んだことを評価している。

ラニエリ監督は他にも負傷から復帰したジェフ・シュラップやデマライ・グレイ、アフメド・ムサといった面々にパフォーマンスの向上を求めつつ、チーム全体のレベルが上がっていくことを歓迎した。

GOAL

最終更新:9月21日(水)18時48分

GOAL

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。