ここから本文です

ミラン、ラツィオ下し7カ月ぶりの2連勝 本田は終盤から途中出場/セリエA

ISM 9/21(水) 10:08配信

 イタリア・セリエAは現地時間20日に第5節の1試合が行なわれ、本田圭佑所属のミランがホームでラツィオを2対0と下し、7カ月ぶりの2連勝を飾った。本田は82分から途中出場している。

 ミランは37分、パローロのミスからボールを奪ったクツカがスルーパスを出すと、これを受けたバッカが先制点。バッカは、ウォームアップ中にふくらはぎを傷めたマルケッティの代役としてセリエAデビューを果たした、21歳のGKストラコシャとの1対1を制し、今季5点目を挙げた。

 さらにミランは74分、ラドゥのハンドで得たPKをニアンが決めて追加点。前節サンプドリア戦に続く2連勝を収めた。ミランがリーグ戦で連勝するのは、昨シーズン中の1月31日インテル戦、2月3日のパレルモ戦以来、7カ月ぶりとなる。これで勝ち点を9に伸ばし、暫定ながら首位ナポリと1差としている。

 なお、ラツィオは1989年を最後に「サンシーロ」でミランに勝てていない。(STATS-AP)

最終更新:9/21(水) 11:07

ISM

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

E.T.は(多分)いる -- 心して待て
SETIの研究者であるセス・ショスタックは24年以内に地球外生命体を発見できると賭けを申し出ます。そうでなければコーヒーを一杯おごると。何故、発見できるのか。そして、はるかに進んだ社会を発見することによって人類はどう影響を受けるのかについて語ります。