ここから本文です

「刃牙」新作アニメのビジュアル&PV解禁!監督・キャラデザに滝口禎一

コミックナタリー 9月21日(水)10時0分配信

板垣恵介「刃牙道」14巻の限定版に付属するDVDに収録されるアニメのPVとビジュアル、スタッフ情報が解禁された。

【この記事の関連画像をもっと見る】

「刃牙」シリーズ25周年公式サイトで公開されたPVでは、刃牙が様々な闘士たちとの闘いに備え、自宅地下で花山薫や愚地独歩、烈海王などイメージトレーニングを繰り返している様子などを見ることができる。またアニメビジュアルを使用したポスターが、本日9月21日発売の週刊少年チャンピオン43号(秋田書店)に付属している。

アニメのプロデューサーは、1996年から「ルパン三世」シリーズに携わる浄園祐。監督とキャラクターデザインは、テレビスペシャル「ルパン三世 血の刻印 ~永遠のMermaid~」で監督と絵コンテ、2015年からのテレビシリーズ「ルパン三世」で総作画監督・作画監督・原画を勤めた滝口禎一が担当する。企画制作はトムス・エンタテインメント、アニメーション制作はテレコムアニメーションフィルムに決定した。

「刃牙道」14巻のOAD付き限定版は12月6日に発売。完全受注生産で、予約の締め切りは10月6日、価格は4190円。

(c)板垣恵介(週刊少年チャンピオン)/刃牙OAD製作委員会

最終更新:9月21日(水)10時0分

コミックナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。