ここから本文です

東京五輪、空手「形」沖縄開催を 知事ら政府に要請

琉球新報 9月21日(水)10時58分配信

 【東京】「東京オリンピック空手沖縄開催誘致実行委員会」(会長・翁長雄志知事)は20日、内閣府に丸川珠代五輪相を訪ね、2020年の東京五輪の競技種目に採用された空手競技の「形」種目の県内開催を求める要望書を手渡した。丸川氏は「国もしっかりと取り組んで行くので具体的な話があればいつでも話してほしい」と応じた。


 翁長知事は来年3月供用開始の沖縄空手会館(豊見城城址公園跡地内)や一斉演武の数でギネス世界記録に挑戦することなどをアピール。「4項目を中心に頑張りたい。大臣にも特段のご配慮をお願いしたい」と協力を求めた。

 要望書では、沖縄で「形」種目を実施すれば「出場選手ら空手関係者にとっても空手のルーツに触れる貴重な体験になる」とした。

 要望項目は(1)沖縄を聖火リレーの出発地にする(2)空手の一部を開催する(3)沖縄伝統空手、古武道、エイサー、琉球舞踊などの沖縄文化、芸能を開会式プログラムに加える(4)事前合宿誘致への協力。

 五輪相への要望には新里米吉県議会議長、安里昌利県経営者協会会長、喜友名朝孝沖縄伝統空手道振興会理事長らが同行。全日本空手道連盟(笹川堯会長)にも同様に要請した。

琉球新報社

最終更新:9月21日(水)10時58分

琉球新報