ここから本文です

高出力レーザー違法販売容疑 浜松の会社を書類送検

@S[アットエス] by 静岡新聞 9月21日(水)8時15分配信

 国の安全基準を超える高出力のレーザーポインターをインターネットで販売したとして、浜松中央署と静岡県警サイバー犯罪対策課、大阪府警などは20日、消費生活用製品安全法違反の疑いで、浜松市中区のネット通販会社と同社の男性経営者(36)を静岡地検浜松支部に書類送致した。

 送致容疑は今年3月30日ごろから6月8日ごろまでの間、法定表示のないレーザーポインター3本をオークションサイトで販売した疑い。

 県警などは今年7月、経営者の自宅兼事務所を捜索し、500本余りのレーザーポインターを押収した。同課によると、最大で基準の67倍の出力があったという。経営者は約3年前から違法製品を販売していたとみられる。レーザーポインターはネット上で数多く出回っていて、航空機などにレーザー光が照射される事件も発生している。

静岡新聞社

最終更新:9月21日(水)8時15分

@S[アットエス] by 静岡新聞