ここから本文です

バルサ、A・ビダルが3試合連続招集外...L・エンリケは「テーマに沿って音楽を奏でるわけにはいかない」

GOAL 9月21日(水)19時52分配信

21日のリーガエスパニョーラ第5節で本拠地カンプ・ノウにアトレティコ・マドリーを迎えるバルセロナは、その試合に向けた招集リストを発表した。だが、そこにDFアレイクス・ビダルの名前はなかった。

リーガ第4節終了時点、3勝1敗で2位につけるバルセロナは4位アトレティコとの大一番に臨む。ルイス・エンリケ監督は、GKジョルディ・マシップ、負傷中のDFサミュエル・ユムティティ、MFラフィーニャ・アルカンタラ、A・ビダルをアトレティコ戦の招集メンバーから外している。

L・エンリケ監督は、A・ビダルの状況について問われると不快感をあらわにしながらこう答えた。「1年中、聞かされる音楽だ。試合に出ている選手がひとつのテーマ。もうひとつのテーマは、試合に出ていない選手のものだ」。それから、次のように続けている。

「全選手が自身のパフォーマンスを向上させなければいけない。全選手だ。例外はない。個人のプレーでも、チームプレーにおいてもね。できる限り多くの選手を起用したい。全員を起用可能な状態にしておきたいと考えているよ。だが、それはユートピア(理想郷)に過ぎない。招集外になれば、レベルを維持するのは難しくなる」

A・ビダルはチャンピオンズリーグ・グループステージ第1節セルティック戦(7-0)、リーガ第4節レガネス戦(5-1)に続き、3試合連続で招集外となった。クラブが冬の移籍市場でのアーセナルDFエクトル・ベジェリン獲得を画策するなか、A・ビダルの立場はますます厳しくなっている。

GOAL

最終更新:9月21日(水)19時52分

GOAL

スポーツナビ サッカー情報