ここから本文です

清武出番なし、セビージャがベティスとのダービー制す 乾はアシスト/リーガ

ISM 9月21日(水)12時3分配信

 リーガ・エスパニョーラは現地時間20日に第5節の2試合が行なわれ、清武弘嗣所属のセビージャがホームでのベティスとのダービーマッチを1対0と制した。清武はベンチ入りしたものの出場機会はなかった。

 セビージャは51分、ナスリのFKからメルカドが先制点を奪取。その2分後、アレグリアにネットを揺らされるが、オフサイドの判定に救われる。映像ではオンサイドだったが、ベティスの得点は認められず。試合はそのまま1対0で終了している。

 逃げ切って今季3勝目を手にしたセビージャは、勝ち点を11とし、暫定ながら首位レアル・マドリーと1ポイント差の2位に浮上。一方のベティスは勝ち点5で暫定13位となっている。

 決勝点を挙げたメルカドは「素晴らしい雰囲気だった。この経験ができて、すごくうれしい。得点を決め、チームの勝利に貢献できた」と喜んだ。

 ベティスのホアキンは「僕らは敗北には値しなかった」「インテンシティのあるプレーで、チャンスもつくった。でも、セットプレーで失点してしまったね。こういう試合ではディティールで決まることが多い。僕らは運がなかった」と肩を落とした。

 乾貴士が所属するエイバルは、敵地でマラガに1対2と敗れた。乾はフル出場し、先制点をアシストしている。エイバルは42分、乾の左サイドからのクロスにナノが合わせて先制。しかし、2分後にサンドロに同点弾を許すと、76分にはこの日がホームでのトップチームデビューとなった19歳アン・ネシリに決勝点を奪われた。

 連敗を2で止めたマラガは今季初白星。勝ち点を5とし、暫定で12位に浮上した。エイバルは開幕戦以来となる今季2敗目。勝ち点7で暫定7位としている。(STATS-AP)

最終更新:9月21日(水)12時3分

ISM

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]