ここから本文です

J2100億円の放送権契約 最初はJ1重点に配分

日刊スポーツ 9月21日(水)8時6分配信

 Jリーグは20日、東京・本郷のJFAハウスで理事会を行い、終了後に村井満チェアマン(57)は定例会見で、パフォーム社との10年2100億円の放送権契約について、最初の3年間が定額で、その後1年ごとの契約金が上昇カーブを描く内容だと明かした。

 新しい放送システムを軌道に乗せるため「最初の3年間は露出の多いJ1に重点的に配分する」とした。またアジアでのキャンプ、プレシーズンマッチを行うなどのアジア戦略、グッズ販売などでの規制緩和など、成長戦略について幅広い議論を行っていることを強調した。

最終更新:9月21日(水)9時16分

日刊スポーツ

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]