ここから本文です

キムタク襲う負の連鎖 「タマホーム」CM姿消す 決まらない連ドラヒロイン イメージ暴落

夕刊フジ 9月21日(水)16時56分配信

 今年の大みそかで解散するSMAP。メンバー5人がどうなっていくのかは不透明だが、木村拓哉(43)のイメージダウンぶりはかなりのものだ。2009年からイメージキャラクターを務めてきた「タマホーム」のCMからも姿を消してしまったのだ。

 「タマホーム」のCMは「ハッピーライフ、ハッピーホーム」のCMソングでもおなじみだが、9月からはシンガー・ソングライターの矢野顕子が登場し、この“ハッピーソング”を新アレンジで弾き語りしている。

 ネット上では、矢野のCM出演について、「キムタクも見限られたか」「お疲れ様でした」など木村への書き込みが相次いでいる状況だ。

 「今年7月からオンエアされていた木村出演のCM『クラブ編』の評判がすこぶる悪かったんです。クラブのピアノの前で木村が艶っぽく歌うという内容でしたが、体をくねらせながら歌うCMは、木村の出演にもかかわらず『気持ち悪い』と評判になったほどです」と制作会社関係者。

 木村といえば、一連のSMAP解散騒動のなかで、いち早く事務所残留を決めたため、ファンの間からは“裏切り者”とも目されている。1月の公開謝罪でもメンバー4人をさらし者にしたとして反感を持つ視聴者も少なくないという。

 「イメージダウンが避けられない中だっただけに、あのCMが追い打ちをかけたのでは。矢野さんの登板は一時的なものとみられますが、ファンの間では、現在、イメージの悪い木村の登用を、企業側が避けたのではとの憶測すら流れています」と放送関係者。

 そして、こう続ける。「SMAPの育ての親でもあった元マネジャー女史がいたら、うるさいほど現場に口を挟む人だったので、CMの内容も含めて、こんなことにはならなかっただろう」

 来年1月にTBSの連ドラで医師役を演じるという木村だが、このドラマをめぐっても、ヒロイン役のなり手がいないといわれている。「木村のスケジュールに合わさなければならないという不都合な点もあるが、今や木村との共演はリスクにもなりかねないという反応だろう」とテレビ誌編集者。

 木村の負のスパイラルはどこまで続くのか。

最終更新:9月21日(水)19時45分

夕刊フジ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。