ここから本文です

(てんでんこ)命を見つめて:12 つながる輪

朝日新聞デジタル 9月21日(水)16時0分配信 (有料記事)

 ■「お父さん頑張ったね」。そう言ってくれる娘の声が聞きたくて。
 兵庫県尼崎市の住宅地。
 家並みの間に町工場が立つ。大阪駅までは電車で10分とかからない。
 2005年、この場所で脱線したJR宝塚線の快速電車が9階建てのマンションに突っ込み、107人が命を落とした。
 毎年4月25日。タイルがはがれ、亀裂の入ったマンションの壁に多くの遺族が手を合わせ、ときにそっと触れる。事故以降、藤崎光子(76)はここで、国内外で起きた事故の遺族とつながってきた。
 「社会を動かすには、一人じゃだめ。もっと大きな力にならなきゃ」
 信楽高原鉄道事故(1991年、滋賀)、明石歩道橋事故(01年、兵庫)、竹ノ塚駅踏切事故(05年、東京)……。……本文:1,798文字 この記事の続きをお読みいただくには、朝日新聞デジタルselect on Yahoo!ニュースの購入が必要です。

  • 通常価格:
    390円/月(初月無料)
  • 会員価格会員価格:
    324円/月(初月無料)

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上、ご購入ください。

Yahoo!プレミアム会員登録はこちら(月額498円)

朝日新聞社

最終更新:9月21日(水)16時0分

朝日新聞デジタル