ここから本文です

今夏の患者数429人 富士山、富士宮口8合目の診療所

@S[アットエス] by 静岡新聞 9月21日(水)8時53分配信

 富士宮市は20日、富士山富士宮口8合目に開設した診療所「富士山衛生センター」の今夏の診療実績を発表した。開設期間は昨シーズンよりも9日多い38日間で、患者数は429人(昨年比117人増)だった。

 市観光課によると、診療所は開山期間中の7月22日~8月22日と9月1~6日に設置。日別の診療件数は8月13日が37件と最も多く、次いで同1日と12日がいずれも31件だった。

 患者の内訳は静岡県民82人、県外者(外国人含む)347人。このうち外国人は37人で、昨年比17人増加した。年代別で最も多かったのは「11~20歳」で90人に上った。「0~10歳」が64人、「41~50歳」が61人の順だった。

 患者のうち高山病と診断されたのは334件で、全体の77・9%を占めた。

静岡新聞社

最終更新:9月21日(水)8時53分

@S[アットエス] by 静岡新聞