ここから本文です

星野 源、ニュー・シングル「恋」のMVを公開 振付はMIKIKO

CDジャーナル 9月21日(水)18時21分配信

 10月11日(火)にスタートするTBS系ドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」に出演する星野 源が、主題歌「恋」を担当。ニュー・シングルとして10月5日(水)にリリースされます。その「恋」のミュージック・ビデオが完成し、星野 源オフィシャルYouTubeチャンネルにて公開(youtu.be/jhOVibLEDhA)されました。

 大ヒットを記録したシングル「SUN」、アルバム『YELLOW DANCER』のリード・トラック「時よ」に続き、関和 亮がディレクション、ダンスカンパニー「ELEVENPLAY」を主宰するMIKIKOが振付を担当。今年開催され、10万人を動員した全国ツアー〈YELLOW VOYAGE〉にも参加したELEVENPLAYのダンサーたちに加え、レコーディングにも参加した長岡亮介(g / ペトロールズ)、ハマ・オカモト(b / OKAMOTO'S)、河村“カースケ”智康(dr)も出演。巨大な回転盤で繰り広げられる演奏シーンとダンスシーンを中心とした、ポップなミュージック・ビデオに仕上がっています。なお、同MVにはシングル「恋」の初回限定盤付属DVDに収録の「恋ビデオ。」のダイジェスト映像も含まれており、併せて視聴可能となっています。

最終更新:9月21日(水)18時21分

CDジャーナル

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。