ここから本文です

調布パルコ1階に「GODIVA」移転 限定チョコドリンクも、東京五輪に向け大規模改変 /東京

みんなの経済新聞ネットワーク 9月21日(水)11時0分配信

 調布パルコ(調布市小島町1)1階に9月21日、高級チョコレートブランド「GODIVA(ゴディバ)」が移転オープンする。(調布経済新聞)

イートインを兼ね備え、全26種類のドリップコーヒーやスイーツなどを用意する「KEY COFFEE」

 2020年東京オリンピック開催に向けて調布駅前周辺の再開発が進んでいることから、同店は今後の人口流入や客層拡大を見込み、「3世代消費ビル」を目指して昨年から大規模リニューアルを進めている。

 8月から今月にかけて18区画をリニューアル。地下食品売り場では、ベーカリー「POMPADOUR」、魚店「魚耕」がリニューアル。今月16日にリニューアルした「KEY COFFEE」は、イートインを兼ね備え、全26種類のドリップコーヒーやスイーツなどを用意する。ゴディバは地下1階から1階北側に移転。リニューアル当日には限定ショコリキサー「ホワイトチョコレートストロベリー」(600円)を用意する。

 アパレル・雑貨では、1階「ROPE PICNIC」、3階「エメ」などがリニューアルオープンするほか、1階に化粧品「ORBIS」やウィッグの「ハイネット」、3階に「靴下屋」、4階には人気の「PORTER」、大幅に取扱商品が増えたバッグ「イル」がリニューアルした。

 同店広報の蟻坂さんは「1階エントランス近くのショップ(ゴディバやロペピクニック)がリニューアルし、各ショップのデザインが一新されたので、お客さまにはより一層、新鮮なお気持ちでお買い物いただけると思う」と話す。

 営業時間は、1階~6階=10時~20時30分(金曜は21時まで)、地下1階フードマーケット=10時~21時、7階レストランフロア=11時~23時。

みんなの経済新聞ネットワーク

最終更新:9月21日(水)11時30分

みんなの経済新聞ネットワーク

豊洲へなぜ市場移転 経緯と課題

築地から市場が移転される豊洲で、都が土壌汚染対策をしていなかったことが発覚。そもそもなぜ豊洲に移転するのか、経緯と課題を知る。