ここから本文です

日本レース写真家協会の写真展「FASTEST LAP」 9月22日から開催

レスポンス 9月21日(水)11時45分配信

国内外のモータースポーツで活躍する日本レース写真家協会の写真展「FASTEST LAP」が9月22日から10月13日にまで新宿のエプソンイメージングギャラリー「エプサイト」で開催される。

[関連写真]

日本レース写真家協会、通称「JRPA」はF1、MotoGP、WRC、WECなどをはじめ、国内のSUPER GTやスーパーフォーミュラ、全日本ロードレース選手権など4輪、2輪レースで主に報道写真家として活躍する人たちが集まった、国内唯一のモータースポーツ・フォトグラファーの団体。毎年、1月~2月にかけてJRPA主催の写真展が開催されるが、今回はエプソンとコラボして新宿の「エプサイト」での開催となる。

プリンターメーカーとしても知られているエプソンはモータースポーツ・シーンにも長年にわたって登場しており、日本人初のフルタイムF1ドライバーとして知られる中嶋悟氏のスポンサーとして1983年からパートナーを組み活動。現在も彼が率いるナカジマレーシングをサポートしている。

またF1では今年も連戦連勝の活躍を見せるメルセデスAMGペトロナスF1チームをサポートしており、彼らの活躍に貢献している。

今回の写真展では、エプソンが携わったモータースポーツ・シーンをテーマにここでしか見られないプロのフォトグラファーたちによる究極の作品たちが展示される。

場所は新宿三井ビル1階にあるエプソンイメージングギャラリー エプサイト。期間は9月22日(木)~10月13日(木)まで各日10:30~18:00まで開館(最終日は15:00で終了)。なお日曜日も休館(祝日は開館)となる。入場料は無料だ。

《レスポンス 吉田 知弘》

最終更新:9月21日(水)11時45分

レスポンス

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。