ここから本文です

広瀬&倉V花道に引退 低迷期支えたベテランが決断

スポニチアネックス 9月21日(水)7時1分配信

 Vを花道に、低迷期を支えたいぶし銀のベテランが現役に別れを告げる。広島は20日、広瀬純外野手(37)と倉義和捕手(41)が今季限りで引退すると発表した。17日に申し入れ、了承された。本拠地最終戦となる25日、ヤクルト戦が引退試合となる予定。当日は黒田博樹投手(41)の先発が濃厚で、“専属”捕手を務めた倉とのバッテリーが9年ぶりに復活するかもしれない。

 玄人筋をうならせた強肩は最後まで復活しなかった。2季連続で1軍未出場に終わった厳しい現実。広瀬は広島でのプロ生活を「貴重な体験もしたし、多くのことを勉強させてもらった。ただ自己責任ですが、ケガが多く、悔しい思いの方が多い」と振り返った。

 確かに、故障がちな野球人生だった。1軍昇格が検討された8月下旬、ウエスタン・中日戦(由宇)で首痛と右肩痛を発症。これがユニホームを脱ぐ契機となった。懸命に復帰を目指したが、思い通りにボールを投げられない自分を客観視した時、引き際を悟った。

 「大事な時にまたケガをしてしまい、区切りをつけるタイミングなのかな…と。2年間1軍にいなかったわけですから」

 法大時代から強肩と巧打に定評があり、2000年に逆指名のドラフト2位で入団。10年には出場135試合で打率・309、12本塁打、57打点のキャリアハイをマーク、初の球宴出場とゴールデングラブ賞受賞も果たした。13年には15打席連続出塁の快挙を達成。今なおプロ野球記録として残る。16年間の通算成績は出場977試合で打率・273、51本塁打、253打点だった。

 今後は未定。「野球に携わっていきたい気持ちはある」。輝きは一瞬でも目映かったがゆえに、故障さえなければ…の思いを禁じ得ない。最後まで必死にもがきながら果たせなかった昇格。「チャーリー」の愛称で親しまれた広瀬の16年間は静かに終わりを告げた。

 ◆広瀬 純(ひろせ・じゅん)1979年(昭54)3月29日生まれ、大分県出身の37歳。佐伯鶴城から法大に進み、4年時に日本代表でシドニー五輪出場。00年のドラフト2位で広島入団。10年に外野手でゴールデングラブ受賞。13年4月には15打席連続出塁のプロ野球記録を樹立した。通算成績は977試合で595安打、51本塁打、253打点の打率・273。1メートル81、85キロ。右投げ右打ち。

 ◆倉 義和(くら・よしかず)1975年(昭50)7月27日生まれ、京都府出身の41歳。京都成章から京産大を経て、97年のドラフト5位で広島入団。8年目の05年には自己最多の109試合に出場。この年から07年まで黒田の専属捕手を務めた。16年から2軍バッテリーコーチを兼任。通算成績は719試合で339安打、23本塁打、126打点の打率・217。1メートル79、90キロ。右投げ右打ち。

最終更新:9月21日(水)7時1分

スポニチアネックス

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]