ここから本文です

室屋選手に授与 空の夢賞 「福島の支援に感謝」

福島民報 9月21日(水)9時25分配信

 日本航空協会の「空の夢賞」に選ばれた福島市在住のパイロット室屋義秀選手(43)への表彰状授与式は20日、東京・新橋の航空会館で行われた。
 協会の野村吉三郎会長が室屋選手に表彰状を手渡した。室屋選手は「福島での活動が全国に認知された成果。福島の支援に感謝し、航空スポーツをさらに広げていきたい」と語った。
 空の夢賞は平成19年に制定され、航空、宇宙に対する夢や希望を与え、明るい話題を提供した人やグループに贈られている。室屋選手は21年から初のアジア人パイロットとしてレッドブル・エアレース・ワールドチャンピオンシップに参戦しており、今年6月に千葉市で開かれた今季第3戦で日本人初優勝を果たした。県内での復興支援活動や航空イベントにも積極的に参加している。今年6月には福島民報スポーツ大賞を受けた。

福島民報社

最終更新:9月21日(水)10時1分

福島民報