ここから本文です

<社会人野球>九州初快挙クラブ野球V ビッグ開発ク祝賀会

毎日新聞 9月21日(水)9時49分配信

 ◇10月末からの日本選手権大会に出場

 社会人野球の第41回全日本クラブ野球選手権(毎日新聞社、日本野球連盟主催)で初優勝したビッグ開発クラブ(沖縄)の優勝祝賀会が20日、那覇市のホテルで開かれた。九州勢で初の快挙を成し遂げた選手たちに約200人の出席者から大きな拍手が送られた。ビッグ開発クラブは、10月29日から京セラドーム大阪(大阪市)で開かれる社会人野球日本選手権大会に出場する。

 祝賀会で下地剛監督は「日本一を機にますます精進し、社会人として仕事も全うしながら野球も更なるレベルアップをしていきたい」とあいさつ。山根直樹主将は「日本一になれたのは力強い声援があったから。クラブチームの代表として出場する日本選手権では全力プレーで勝利を積み重ねたい」と誓った。

 那覇市に本店のある不動産会社「ビッグ開発」や関連会社で働く選手で構成するチームは2008年に創部。3回目の出場となる今年の全日本クラブ選手権の決勝で千曲川クラブ(長野)にサヨナラ勝ちし、全国のクラブチームの頂点に立った。【佐藤敬一】

最終更新:9月21日(水)9時49分

毎日新聞

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。