ここから本文です

ロッテ創業者の次男、身柄拘束の危機… 主要事業に支障生じる可能性も=韓国メディア

WoW!Korea 9月21日(水)10時50分配信

ロッテ創業者の次男=重光昭夫(韓国名:シン・ドンビン、61)が去る20日、検察に出頭しロッテグループの裏金疑惑に関する聴取を受けた中、今後”身柄拘束”の有無に関心が集まっている。

 昭夫会長が拘束された場合、ロッテグループは”最悪の経営空白”に追い込まれ、主要事業に支障が生じる可能性が高い。

 ソウル中央地検ロッテ捜査チームはこの日、昭夫会長を被疑者の身分で召喚し、2000億ウォン台(約200億円台)にのぼる横領・背任容疑などについて聴取した。

 検察は、昭夫会長の聴取を終え次第、身柄処理を決定し、去る6月から3か月間進めてきたロッテグループ裏金捜査に決着をつける方針だ。

 検察捜査が山場を迎えた中、関心の焦点は「昭夫会長の身柄拘束」に集まっている。法曹界などでは、横領・背任容疑の金額が2000億ウォン台と巨額であるため、昭夫会長のグループ内の地位、捜査規模などを勘案すると拘束される可能性が高いとみている。

最終更新:9月21日(水)10時50分

WoW!Korea

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。