ここから本文です

倍賞千恵子「さくらのバラード」アカペラで熱唱!山田洋次リスペクトライブ出演

シネマトゥデイ 9/21(水) 22:08配信

 東京・浅草で開幕した「第9回したまちコメディ映画祭in台東」のクロージングセレモニーと本映画祭でコメディ栄誉賞を受賞した山田洋次監督の「リスペクトライブ」が19日、浅草公会堂で行われ、山田監督の代表作である『男はつらいよ』シリーズにさくら役で出演していた倍賞千恵子、源ちゃん役で出演していた佐藤蛾次郎ら寅さんゆかりのメンバーが集結、授賞式に花を添えた。授賞式には山田監督も出席の予定だったが撮影のため欠席。授賞式では倍賞が山田監督の代わりに賞を受け取った。

コメディ栄誉賞受賞の山田洋次監督の授賞式にさくら、源ちゃんら寅さんファミリーが集結! 画像ギャラリー

 浅草ジンタ、ポカスカジャン、天才バンド、二階堂和美、レキシなど豪華メンバーが出演して行われた「山田洋次 リスペクトライブ」。終盤、寅さんメンバーとしてまず、佐藤が孫を連れて登場。大歓声の中「男はつらいよ」を熱唱すると、その後岡本茉利や、倍賞らが次々ステージに上がり、会場は大盛り上がり。

 倍賞は「こんばんわ、元さくらです」と笑顔を見せると、佐藤の歌をステージ袖で聴いていたのか、「わたし今日はじめて生で蛾次さんの歌を聴いたけどうまいね」と佐藤の歌唱力を絶賛。「渥美清さんが生前、もしこの映画が終わったら3人で一緒にキャバレー回りしようなんて言っていたけど、本当に一緒に歌えるね」と話し、自身もアカペラで「さくらのバラード」を歌唱した。

 クロージングセレモニーでは山田監督に代わって倍賞が賞状などを受け取ったが、「山田さんと出会っていろんなことを学ぶことができた。『演じることよりその人の気持ちになれ』という山田さんの言葉が好きだった。映画作りは大変。でも、いろんな人との出会いで自分も進化できる。これからも映画に携わっていきたい」としみじみ。また、「浅草はわたしにとって原点のような場所。この映画祭もこれからもずっと続てもらって、浅草が盛り上がっていってくれたら」と映画祭にもエールを送った。

 その後、葛飾区長から映画の舞台である柴又の寅さん像横に来年、さくらの像が立てられることも発表され、倍賞は「来年楽しみにしています」とにっこり。セレモニーの最後には欠席した山田監督からのメッセージが読み上げられ、4日間にわたる映画祭は幕を閉じた。(取材・文:名鹿祥史)

最終更新:9/21(水) 22:08

シネマトゥデイ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]