ここから本文です

コメント欄の「荒らし」排除へアルファベットと提携 NYタイムズ

AFP=時事 9月21日(水)13時7分配信

【AFP=時事】米紙ニューヨーク・タイムズ(New York Times)は20日、オンライン読者が書き込むコメント欄の雰囲気を「社会的マナーに沿い、思いやりのある」ものとして維持していくため、米グーグル(Google)の親会社アルファベット(Alphabet)と提携すると発表した。多くのメディアはコンテンツに対する読者の関与(エンゲージメント)を深めながら攻撃的で口汚いコメントは排除したい考えだが、思うようには実現できていない。

 ニューヨーク・タイムズはアルファベット傘下のテクノロジーインキュベーターであるジグソー(Jigsaw)と組む。同社の技術を活用して、読者によるコメント欄の改善や拡張を図っていく方針だ。

 ニューヨーク・タイムズでは現在、コメントの投稿の承認に当たるモデレーター14人が1日およそ1万1000件のコメントを手作業で見直している。全体のおよそ10%の記事にしかコメント欄がないのは、チェックに必要な時間が足りないためだ。

 ジグソーは過去に承認されたコメントに基づくアルゴリズムを用いて、この作業を補助する。システムはオープンソースで、他のメディアも利用できるようにする計画。【翻訳編集】 AFPBB News

最終更新:9月21日(水)13時13分

AFP=時事

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。