ここから本文です

<免許センター>高齢運転者は「ひどい」 掲示板に誤訳表示

毎日新聞 9月21日(水)9時54分配信

 京都駅前運転免許更新センター(京都市下京区)内にある電光案内板で、高齢運転者を侮るような英訳表記をしていたことが分かった。市から指摘を受けた府警が20日、表示を取り消した。

 センターの運用は今月1日に始まり、高齢者や優良ドライバーの免許更新などを受け付けている。電光案内板では、「高齢運転者」の下部に「ひどい運転者」などを意味する「Terrible driver」の英訳をつけていたという。20日午前に関係者から連絡を受けた市が府警に連絡。府警も不適切と判断して表示を取り消した。

 府警運転免許試験課によると、案内板を製作したメーカーが誤訳したのが原因という。同課は「高齢者の気持ちを害して申し訳ありません」と釈明。今後、「Elder driver」に修正するとしている。【鈴木理之】

最終更新:9月21日(水)12時16分

毎日新聞

いかにして巨大イカを見つけたか
人類は水中撮影を始めたときから巨大イカ(ダイオウイカ)を探し求めてきました。しかしその深海の怪物を見つけることは難しく、今まで撮影に成功したことはありませんでした。海洋学者であり発明家でもあるエディス・ウィダーは、ダイオウイカの初の撮影を可能にした知見とチームワークについて語ります。