ここから本文です

PMCから新開発テクノロジー25周年記念モデル「twenty5」が新発売

CDジャーナル 9月21日(水)18時21分配信

 音響機器や業務用無線機などを手がける「株式会社CSR」が、1991年に英国で創立されたスピーカー専業メーカー「PMC」の25周年記念モデルの「twenty5(トゥエンティーファイブ)」シリーズを11月より順次販売予定。

 PMCは、BBCに在籍していたエンジニアが独立して設立した英国のスピーカー専業メーカー。スタジオモニター・スピーカーの分野では英国を代表するスピーカーブランドのひとつに数えられています。同社の製品は放送局、映画・音楽制作などプロの現場で重要なスピーカー・システムとなっているほか、コンシューマーマーケットでも注目される存在。そのPMCが設立25周年を記念して開発したモデルが「twenty5」シリーズです。

 新開発の鋳造合金シャーシにグラスファイバー織りコーンのバス・ドライバーを搭載し、最適な拡散のためにコンピュータ解析でデザインされたという新グリルを採用したトゥイーターが特長。自然かつニュートラルで鮮明なヴォーカル再現を可能にしています。定評ある「twenty」シリーズをベースに新技術“Laminair(ラミンエアー)”で進化を遂げているほか、ドライバーユニットやクロスオーバー、ターミナルなどをリニューアルして全面的に改良を加えたシステムです。

最終更新:9月21日(水)18時21分

CDジャーナル

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。