ここから本文です

「L.A.コンフィデンシャル」カーティス・ハンソン監督、71歳で死去

映画.com 9/21(水) 15:40配信

 [映画.com ニュース] 「L.A.コンフィデンシャル」「ゆりかごを揺らす手」で知られるカーティス・ハンソン監督が9月20日(現地時間)、米カリフォルニア州ハリウッドヒルズの自宅で死去した。71歳だった。

 ロサンゼルス警察の広報担当官によれば、ハンソン監督邸からの緊急電話を受けて救急車が急行したが、すでにハンソン監督は意識不明の状態で、パラメディックがその場で死亡を確認した。心臓発作を起こしたという報道もあるが、正確な死因は現時点では不明。いずれにしても事件性はなく、自然要因によるものだと見られている。近年はアルツハイマー病を患い、引退状態にあったという。

 ハンソン監督は1945年3月24日、米ネバダ州リノ生まれ。その後カリフォルニアに引っ越し、高校を中退して映画雑誌「Cinema」の編集者となる。1972年に「ミッドナイト・ランブラー」で監督デビュー。92年のサイコスリラー「ゆりかごを揺らす手」が大ヒットを記録し、製作・共同脚本・監督を務めた97年の「L.A.コンフィデンシャル」は、アカデミー賞の9部門でノミネートされ、ハンソン監督に脚色賞とキム・ベイシンガーに助演女優賞をもたらした。

 その他の代表作に、「バッド・インフルエンス 悪影響」(90)、「激流」(94)、「ワンダー・ボーイズ」(2000)、「8 Mile」(2002)、「イン・ハー・シューズ」(2005)など。「マーヴェリックス 波に魅せられた男たち」(2012)が遺作となった。

最終更新:9/21(水) 15:40

映画.com