ここから本文です

レスター岡崎、チェルシー戦で2得点を記録…いずれもゴールネットが揺れない珍事に

GOAL 9月21日(水)5時39分配信

レスター・シティに所属する日本代表FWの岡崎慎司が20日に行われたEFLカップ3回戦のチェルシー戦で2ゴールをマークした。

スタメン出場となった岡崎は前半17分、右サイドに流れたムハメド・ムサが上げたクロスボールに飛び込む。わずかに届かなかったものの、チェルシー守備陣がクリアし損ねている隙をつき、こぼれ球をヘディングシュートで押し込んだ。相手DFガリー・ケイヒルにかき出されたが、ボールはゴールラインを割ったと判断され、得点が認められた。泥臭さが持ち味の岡崎の“らしさ”が出た得点となった。

さらに34分、クリアボールを拾ったアンディ・キングが岡崎へスルーパス。ディフェンスラインの裏に抜け出した岡崎は右足を振り抜く。大きくバウンドさせたボールはGKをすり抜けてゴールへ。またもやラインを越えたところで相手DFにかき出されたが、しっかりとゴールは認められた。

岡崎は1試合2得点を記録したが、いずれもゴールラインを越えながらネットを揺さぶらないという“珍事”になっている。

前半で2ゴールを挙げたことでハットトリックが期待されたものの、岡崎は74分に途中交代。とはいえ、久々の先発出場でしっかりと得点という結果を残した。

GOAL

最終更新:9月21日(水)5時39分

GOAL

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]